Creative Original Board 掲示板

オリジナル作品、音楽、写真、マルチメディアなどを投稿して下さい。ITの技術的なノウハウもディスカッションしましょう。


[9] 嗚呼玉杯に花うけて, 紅萌ゆる岡の花, 都ぞ弥生, 遠い世界に Name:Tamaki MAIL HOME Date:2013/05/04(土) 18:18





寮歌、遠い世界に <<= Click Real Music!
Download Real Player Basic(TM).

「嗚呼玉杯に花うけて」  ... featuring student power songs
(一高第12回記念祭寮歌)東京大学の前身

矢野勘治作詞
楠正一作曲

嗚呼(ああ)玉杯に花うけて
緑酒(りょくしゅ)に月の影宿(やど)し
治安の夢に耽(ふけ)りたる
栄華(えいが)の巷(ちまた)低く見て
向ケ岡(むこうがおか)にそそり立つ
五寮の健児(けんじ)意気高し

芙蓉(ふよう)の雪の精をとり
芳野(よしの)の花の華(か)を奪い
清き心の益良雄(ますらお)が
剣(つるぎ)と筆とをとり持ちて
一たび起たば何事か
人世の偉業成らざらん

濁れる海に漂(ただよ)える
我国民(わがくにたみ)を救わんと
逆巻く浪をかきわけて
自治の大船勇ましく
尚武の風を帆にはらみ
船出せしより十二年

花咲き花はうつろいて
露おき露のひるがごと
星霜移り人は去り
舵とる舟師(かこ)は変るとも
我(わが)のる船は常(とこし)えに
理想の自治に進むなり

行途(ゆくて)を拒むものあらば
斬りて捨つるに何かある
破邪の剣を抜き持ちて
舳(へさき)に立ちて我呼べば
魑魅魍魎(ちみもうりょう)も影ひそめ
金波銀波の海静か


紅萠ゆる岡の花(くれないもゆるおかのはな)
三高逍遙の歌  沢村胡夷 作詞・作曲

1) 紅(くれない)萌(も)ゆる 岡(おか)の花(はな)
  早緑(さみどり)匂(にお)う岸(きし)の色(いろ)
  都(みやこ)の花(はな)に うそぶけば
  月(つき)こそかかれ 吉田山(よしだやま)

2) みどりの夏(なつ)の 芝露(しばつゆ)に
  残(のこ)れる星(ほし)を 仰(あお)ぐ時(とき)
  希望(きぼう)は高(たか)く 溢(あふ)れつつ
  我(われ)らが胸(むね)に 湧(わ)き返(かえ)る

3) 千載(せんざい)秋(あき)の 水(みず)清(きよ)く
  銀漢(ぎんかん)空(そら)に さゆる時(とき)
  通(かよ)える夢(ゆめ)は 崑崙(こんろん)の
  高嶺(たかね)の此方(こなた) ゴビの原(はら)

4) ラインの城(しろ)や アルペンの
  谷間(たにま)の氷雨(ひさめ) なだれ雪(ゆき)
  夕(ゆう)べはたどる 北冥(ほくめい)の
  日(ひ)の影(かげ)くらき 冬(ふゆ)の波(なみ)

5) ああ故里(ふるさと)よ 野(の)の花(はな)よ
  ここにも萌(も)ゆる 六百(ろっぴゃく)の
  光(ひかり)も胸(むね)も 春(はる)の戸(と)に
  うそぶき見(み)ずや 古都(こと)の月(つき)

6) それ京洛(けいらく)の 岸に散(ち)る
  三年(みとせ)の秋の 初(はつ)紅葉(もみじ)
  それ京洛の 山に咲(さ)く
  三年の春の 花あらし

7) 左手(ゆんで)の文(ふみ)に うなづきつ
  夕(ゆう)べの風に 吟(ぎん)ずれば
  砕(くだ)けて飛べる 白雲(はくうん)の
  空には高し 如意(にょい)ヶ嶽(たけ)

8) 神楽(かぐら)ヶ岡の 初(はつ)しぐれ
  老樹(ろうじゅ)のこずえ 伝(つと)うとき
  檠燈(けいとう)かかげ 口(くち)ずさむ
  先哲(せんてつ)至理(しり)の 教えにも

9) ああまた遠き 二千年
  血潮(ちしお)の史(ふみ)や 西(にし)の子の
  栄枯(えいこ)のあとを 思うにも
  胸こそ躍(おど)れ 若き身に

10)希望は照(て)れり 東海(とうかい)の
  み富士の裾(すそ)の 山ざくら
  歴史を誇(ほこ)る 二千載(にせんざい)
  神武(じんむ)の児等(こら)が 立てる今(いま)

11)見よ洛陽(らくよう)の 花がすみ
  桜(さくら)の下(もと)の 男(お)の子(こ)らが
  いま逍遥(しょうよう)に 月白(しろ)く
  静に照(て)れり 吉田山(よしだやま)


都ぞ弥生(明治四十五年寮歌) (北海道大学寮歌)
横山芳介君作歌
赤木顕次君作曲


都ぞ弥生の雲紫に 花の香漂ふ宴遊(うたげ)の筵(むしろ)
尽きせぬ奢に濃き紅や その春暮ては移らふ色の
夢こそ一時青き繁みに 燃えなん我胸想ひを載せて
星影冴かに光れる北を
人の世の 清き国ぞとあこがれぬ


豊かに稔れる石狩の野に 雁(かりがね)遥々(はるばる)沈みてゆけば
羊群声なく牧舎に帰り 手稲の嶺(いただき)黄昏(たそがれ)こめぬ
雄々しく聳ゆる楡の梢 打振る野分(のわき)に破壊(はゑ)の葉音の
さやめく甍(いらか)に久遠(くをん)の光り
おごそかに 北極星を仰ぐ哉


寒月懸(かか)れる針葉樹林 橇の音(ね)凍りて物皆寒く
野もせに乱るる清白の雪 沈黙(しじま)の暁霏々(ひひ)として舞ふ
ああその朔風飄々(ひょうひょう)として 荒(すさ)ぶる吹雪の逆巻くを見よ
ああその蒼空(そうくう)梢聯(つら)ねて
樹氷咲く 壮麗の地をここに見よ


牧場(まきば)の若草陽炎燃えて 森には桂の新緑萌(きざ)し
雲ゆく雲雀に延齢草の 真白(ましろ)の花影さゆらぎて立つ
今こそ溢れぬ清和の陽光(ひかり) 小河の潯(ほとり)をさまよひゆけば
美しからずや咲く水芭蕉
春の日の この北の国幸多し


朝雲流れて金色(こんじき)に照り 平原果てなき東(ひんがし)の際(きわ)
連なる山脈(やまなみ)冷瓏として 今しも輝く紫紺の雪に
自然の藝術(たくみ)を懐(なつかし)みつつ 高鳴る血潮のほとばしりもて
貴(たふ)とき野心の訓(をし)へ培ひ
栄え行く 我等が寮を誇らずや


遠い世界に

(1) 遠い世界に 旅に出ようか
  それとも赤い風船に乗って
  雲の上を 歩いてみようか
  太陽の光で 虹を作った
  お空の風を もらって帰って
  暗い霧を 吹き飛ばしたい

(2) 僕等の住んでる この街にも
  明るい太陽 顔を見せても
  心の中は いつも悲しい
  力を合わせて 生きることさえ
  今ではみんな 忘れてしまった
  だけど僕達 若者が居る

(3) 雲に隠れた 小さな星は
  これが日本だ 私の国だ
  若い力を 身体(カラダ)で感じて
  みんなで歩こう 長い道だが
  一つの道を 力の限り
  明日の世界を 探しに行こう




スレッド記事表示 No.5 Centers for the Millennium Peace Tamaki 2013/05/03(金) 18:09 [ Reply 返信 ]
   ┣No.6 Freedom, and I Love You Tamaki 2013/05/04(土) 14:41
   ┣No.7 ふじの山、桜、さとうきび畑、アリラン、東方紅、中華人民共和國國歌、故郷 Medley  Tamaki 2013/05/04(土) 17:20
   ┣No.8 鶯の里 Nightingales' Village Tamaki 2013/05/04(土) 17:33
   ┣No.9 嗚呼玉杯に花うけて, 紅萌ゆる岡の花, 都ぞ弥生, 遠い世界に  Tamaki 2013/05/04(土) 18:18
   ┣No.10 平和を今から START for PEACE Tamaki Hosoe 2013/05/04(土) 18:44
   ┣No.11 Song of Myself and 蛍 Fireflies Tamaki Hosoe 2013/05/04(土) 19:10
   ┣No.12 山紫水明の歌 Sanshi suimei no uta, 心に花を Kokoro ni hana o  Tamaki 2013/05/05(日) 18:47
   ┗No.13 春望, and Jerry  Tamaki 2013/05/06(月) 16:26

  



PEACE Ashram   Holistic Approach   Facebook   Twitter


無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace